• 今回試打 SLDR ドライバー

    テーラーメイド SLDR ドライバー徹底検証

    構えてみると

    今回試打するSLDR(エス・エル・ディー・アール)はシャフト脱着による可変機能に加え、重心距離の調整も可能になった。体積はルール最大級の460CC。ヘッド色はダークシルバー。SLDRは弾道調整機能により約27ヤードの弾道調整が可能。シャフト装着方向を変えることでロフトを±1.5度調整できる(いずれもメーカー値)。

    打ってみると

    シャフトは純正のRとしては平均的な感じで、ワッグルすると中間部がクイッとしなる。粘り感があるシャフトだ。

    弾道はというと、真っ直ぐ打つつもりでスイングすると軽いフェード弾道。ノーマルポジションだとややフェースが開いていること、そして重心アングルが小さいのが影響しているのだろう。ヘッドスピードを46m/sぐらいに上げて弾道計測してみると・・・いい感じでボールを捕えるとスピン量が2100~2600回転

    弾道はというと、真っ直ぐ打つつもりでスイングすると軽いフェード弾道。ノーマルポジションだとややフェースが開いていること、そして重心アングルが小さいのが影響しているのだろう。ヘッドがやや返りづらい。ロフトを増やす方向に調整すると、ボールの捕まり具合がイメージ通りになってきた。

    ボールが少し浮きづらいのでロフトを増やした方がやさしく飛ばせるだろう。弾道調整機能でロフトを増やし、重心距離を短くすると、同じドライバーとは思えないほど捕まりも良くなった。


  • Commentaires

    Aucun commentaire pour le moment

    Suivre le flux RSS des commentaires de cet article


    Ajouter un commentaire

    Nom / Pseudo :

    E-mail (facultatif) :

    Site Web (facultatif) :

    Commentaire :